1. ショッピングガイド
  2. twitter
  3. instagram
  4. youtube
  • トップへ

商品について

商品のお手入れ方法

天然石商品のお手入れ方法

たったひとつのペンダント。
私だけのオリジナルブレスレット。
大切にしたいですよね。
ここでは大切な商品の簡単なメンテナンス方法を記載致しますのでご参照下さい。


天然石ペンダントのお手入れ方法

1.準備するもの

銀磨きクロス
柔らかい布(めがね拭きがお勧め)

簡単なお手入れの場合、準備はこれだけです。
銀磨きクロスは手芸用品屋さんや東急ハンズさんなどで手に入ります。
(インターネットで検索してもたくさん出てきます)
柔らかい布は何でも良いのですがお勧めはめがね拭きになります。

2.シルバー部分をごしごし磨く

シャンバラストーンズのペンダントの多くは元々「いぶし銀」加工されておりますが、経年により凹部分はより黒ずんでゆきます。
銀磨きクロスで磨く事により凸部分は研磨されて輝き、凹部分とのコントラストが更に明瞭となります。
使い込むことによって独特の風合いが生まれることもシルバーの魅力と言えるでしょう。

いぶし銀加工のないシルバー(透かし彫りや白銀フィルグリ、ワイヤーデザイン等)は表面をごしごし磨くだけ。
シルバーの光沢は磨く事で元に戻るでしょう。
フィルグリのような立体的なものはクロスの上から親指の爪で優しく汚れを削るようなイメージで擦ると綺麗に磨けます。

※特にしばらく身につけずに放置したペンダントは汗が染みこんだままになりますので酸化が激しくなります。
しかしこれらもクロスでしっかり磨けば良い状態に戻りますのでご安心下さい。

※天然石部分までクロスで磨かないようご注意下さい。
銀磨きクロスは研磨剤(ポリマドール)が含まれている為、天然石を磨くと厳密には表面を削ることになります。

3.更に磨きたい場合は溶液を含ませる

好みにより銀は常にピカピカにしていたい方もいらっしゃるかと思います。
その場合は市販のシルバー磨き溶液(液状のものやペースト状のものがございます)で磨いて下さい。
ブラシにペーストを付けて歯磨き状に磨くもの、液体を布に含ませて磨くもの等あるかと思いますが、各説明書に従って作業して下さい。

※磨き溶液には2つの注意点がございます。
溶液やペーストは銀がピカピカになりますが、せっかくのいぶし銀加工(凹部分の黒ずみ)も除去してしまいます。
いぶし銀加工のペンダントには使わないほうが良いでしょう。
また溶液を使う場合、天然石部分にはご注意下さい。
天然石によっては溶液によって劣化や変色を起こしてしまう可能性がございます。
溶液が天然石に触れないよう作業すること、くれぐれも溶液に浸けてしまうような事は避けて下さい。

4.天然石部分を柔らかい布で拭く

シルバー部分が終りましたら次は天然石部分。
カボションの場合はカボションの膨らみを優しく拭いてあげるだけで大丈夫です。
前述しておりますが、銀磨きクロスでは絶対に磨かないで下さい。
多くの石の表面はガラスと同じような表面を持ちます。
めがね拭きがめがねを傷つけないの同様にめがね拭きはガラス質天然石の表面を傷つけ難いと言えるでしょう。

身につけていると体の油分や指紋などが石に付着するものです。
それらを拭き取ってあげるだけで天然石の艶やかさが随分と戻ってくるでしょう。

※市販の商品に天然石を綺麗にする薬液などもございますが、こちらはあまりお勧めできません。
鉱物の中には水に弱いもの、酸性成分に弱いものなど様々ございます。
それらを使用する場合は使用上の注意を確認の上、自己責任にてお試し下さい。

5.定期的に簡単なお手入れを

以上、簡単ですね。
定期的に磨いてやれば貴方の愛情がアクセサリに伝わるかもしれません。
もともとシルバーの良さは酸化により独特の味が生まれることです。
凹部分やデザイン溝に少しずつ黒ずみが生まれ、磨けば磨くほど凸部分は渋い輝きを放ち始めます。
使い込むことによって自分自身のオンリーワンのペンダントに仕上げて下さい。


天然石ブレスレットのゴム紐交換

1.準備するもの

替えのブレスレットゴム
柔らかい布(めがね拭きがお勧め)
はさみ(裁縫用の小さなはさみ推奨)
ビーズ作業台もしくはタオル
裁縫針や画びょう

ここではブレスレットのゴム紐交換手順を記載致します。
皆様ブレスレットはたくさんお持ちかと思います。
毎度お店に頼んでいたら手間も掛かりますし交換手数料を取られることもあるかと思います。
(ちなみに当店では当店でご購入のブレスレットであればいつでも交換無料です)

ブレスレットのゴム紐交換はとても簡単。
ご自身で交換できるに越したことは無いと思いますので下記を参照の上で挑戦してみて下さい。

2.強ゴムとオペロンゴムの違い

ブレスレットのゴム紐には主に2種類ございます。
まずはご自身のブレスレットがどちらかを確認しましょう。

メリット デメリット
強ゴム 交換が簡単
長持ちする
フィット感が良い
切れるときに突然切れる(玉を失う可能性あり)
小さな穴は通せない。
オペロンゴム さけるチーズのように摩耗してゆくので突然切れる可能性が低い
ビーズ穴の小さなものも通せる。
交換に手間が掛かる
すぐに緩くなる(まめな交換が必要)

各々にメリットデメリットがありますが、交換の手軽さとフィット感の良さから当店では強ゴムを使用しております。
下記の交換方法は強ゴムになります。

3.ゴムの摩耗のチェック

ゴムの交換時とはいつでしょうか。
私自身の経験と店舗での交換状況から1ミリゴムであれば非常に切れにくいです。
実際3年4年、もしかすると5年ほど切れずに使えてしまうケースもあるようです。
しかしできれば年に一度、最低でも2年で交換することを強くお勧め致します。
(使用頻度や腕周りにもよりますので明確なことは言えませんが)
0.8ミリであれば1-2年での交換が必須です。

当店のブレスレットは極力1mmゴムを入れるようにしております。
1ミリゴムがどうしても入らない場合は0.8ミリゴムを入れておりますがゴムの太さは商品詳細に記載しております。
交換用ゴムをご購入の際は記載の太さと同じものをお探し下さい。
1ミリが入る場合は必ず1ミリにしましょう。

ではゴムの摩耗を調べる方法です。
ビーズとビーズの間からゴムを見てみて下さい。
ゴムが黄色く変色していたり白いあとがくっきり残っていたら黄色信号です。
複数箇所で確認してみて下さい。
ゴムが変色していなくても極端に伸縮性が弱っているようなら交換時です。

4.お勧めのゴム

ずばりお勧めはコチラ。
日本製で信頼度も高く伸縮率は500%、多少の大きな開閉でも切れにくいと言えるでしょう。
手芸用品屋さんやオンラインショッピングで探してみて下さい。

5.ビーズ作業台を準備もしくはタオルを敷く

皆様の中には溝がついているビーズの作業台をお持ちの方もいると思いますが、多くの方は持ち合わせていないでしょう。
ビーズを切った際にビーズが飛び散らぬようタオルを敷きましょう。
タオルの上であればビーズがコロコロ転がることもありません。

6.古いゴムを切る

ではプチンと切りましょう。
しかしその前に。
切る箇所はなるべく基点となっている玉のところにします。
「基点玉」とはビーズの結び目が隠されている玉のことです。
ビーズを動かして確認していると、ひとつだけ動かないビーズがあるはずです(中で結び目が突っ張っているので動かない)
基点玉からプチンと切って作業台の溝もしくはタオルの上にまだゴムが入っている状態で並べます(一列になるように)
ゴムを切ったときにばらけないように気をつけましょう。

※現状の配列を維持したい場合は、事前にスマホなどで写真を撮っておいた方が良いでしょう。
万が一に配列がわからなくなっても写真をみながら復元できます。

7.古いゴムを抜いて基点玉の結び目を引っ張り出す

古いゴムをゆっくり抜き取ります。
作業台の溝に寝かせるかタオルの上で行いビーズが転がらないようにしましょう。
すると古いゴムに基点玉だけがぶら下がっているような状態になると思います。
基点玉は結び目が隠されております。
ぎゅっと引っ張れば結び目が抜き取れるはずです。
もしも結び目が抜き取れずにゴムが切れてしまった場合は予め用意した裁縫針や画びょうでビーズ穴の中から結び目を押し出して下さい。

8.ビーズを磨く

ビーズの手入れをしたい場合は一列にした配列を崩し、一玉ずつ磨きます。
ペンダントのカボション部分同様に柔らかい布(めがね拭き推奨)で優しく汗や油分を拭ってあげれば良いでしょう。
この際に水がついても大丈夫な石であれば軽く洗浄して構いません。
液体に弱い石もございます。
わからない場合は必ずお問い合わせ等で事前にご確認下さい。
シャンバラストーンズの取り扱い天然石解説にも石の特性等が記載されておりますのでご参照下さい。

尚、ビーズをゴムから外した際はビーズ穴周辺の汚れや摩耗も確認しましょう。
ビーズ穴周辺はビーズとビーズがあたる部分です。
最も汚れやすく、摩耗も起きやすいところになります。 もしもビーズ穴周辺が激しく削れていたり白くなっている場合はビーズの交換も考えましょう。

9.新しいゴムを入れる

ゴム紐交換のみであれば8の手順は飛ばして、一列に並んだ状態のまま新しいゴムにビーズを入れ直します。
そのまま並んでいるから簡単ですね。
この時に重要なのは基点玉には同じ基点玉を使うということです。
結び目を隠した基点の玉はビーズ穴が大きくて結び目を隠しやすかった玉なのです。
ですのでまた結び目を隠すのも同じ玉にするとやり易いでしょう。

新しいゴムですが、後ほどの結びやすさも考慮してかなり長めにしておく事をお勧め致します。
35センチから40センチで用意すると良いです。

10.結んで結び目を隠す

通したゴムを結ぶのですが、固結びの要領でぎゅっと結びます。
ビーズの穴の大きさを見て余裕があれば3重の固結びをしましょう(2重でも大丈夫です)

この結び目を小さくする作業がブレスレットのゴム紐交換の肝だと言えます。
結び目が小さくならないとビーズ穴の中に隠せません。
結び目を小さくするコツとしては写真のように青い矢印側と赤い矢印側、交互に引っ張ることです。
※またこの時、ゴムが緩くならないようにぎゅっと引っ張りながら一瞬で玉を作るのがポイントです。
作業は慣れですので繰り返し行ってみて下さい。

玉が小さくなったら結び目が解けないことを必ず確認してから結び目を基点の玉に隠します。
結び目を隠す前にゴムの余分な部分は切ってしまいましょう。
1ミリから2ミリほどはすっぽ抜け防止の為に残しておいた方が良いです。

11.できあがり

これでできあがり。
簡単ですね。
最も重要な作業はしっかりと締めたまま結び目を作ることと結び目を小さくすることです。
何度か失敗すればコツは掴めると思いますから挑戦してみて下さいね。

12.ゴム紐交換でないときも時々拭きましょう

ゴムを交換しないときも時々ビーズを磨いてあげるのが良いでしょう。
柔らかい布で表面を拭いてあげるだけですが、その際にビーズとビーズが擦れ合う部分もチェックしましょう。





番外編 小さなビーズ穴に1ミリゴムを通す裏技

できれば1ミリゴムを入れたい。
これは切実な願いですよね。
たった0.2ミリの差なのに0.8ミリと1ミリでは強度に大きな差があります。

ここで1ミリが通せないビーズ穴でも1ミリゴムを通せる秘技をお見せします。
これぞ裏技「斜め切り」です。
こうすることにより通常1ミリが通らない玉でも通せます(あまりに小さい穴は無理ですが)
ゴムは伸縮性があるので先端が通ってしまえばあとはギュウギュウ押し込むだけです。

コツは斜め切りを通したいビーズの直径よりも長くすること(10ミリ玉なら10ミリ以上の斜め部分)
斜めが鋭角であればあるほど良く、鋭い鋭角を作るためには小さくて鋭利な裁縫用小バサミなどがお勧めです。


ご一読下さいましてありがとうございました。
ではごゆっくりオンラインショップをお楽しみ下さい。

- 商品について -

グレード表記について

ご購入の際のひとつの目安として表記しております。グレードに関するコラムもご一読下さい。

サイズ表記に関して

ペンダントの大きさやブレスレット表記サイズの注意事項です。
また撮影に関してのこだわりも記載しております。

カテゴリから探す

カレンダー
  • 今日
  • お休み:ご返信や発送がございません。
  • 半休:ご返信が遅れますが営業しております。


※ご注文の際はカレンダーをご確認下さい。 基本的にほぼ毎日ご注文やメールのチェックをしております。

  • 新規会員登録
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
  • 電話番号
  • お客様の声
  • 過去イベント一覧
  • 24の精鋭達過去イベント
  • 16の親衛隊過去イベント
  • 原石(標本祭り)2020年3月
  • 在庫リング祭り2020年5月

- お買い物サポート -

送料・ご配送に関して

シャンバラストーンズでは楽しみにお待ち頂いている皆様のため、なるべく早い出荷を心掛けております。

返品・交換に関して

返品・交換の際は商品の到着後10日以内にメールまたはお問い合わせフォームよりご連絡下さい。